×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

賢く選ぶ!得する!クレジットカードマニア~得する人の一番得するクレジットカードの選び方

「賢く選ぶ!得する!クレジットカードマニア~一番得するクレジットカードの得する情報」では、沢山あるクレジットカードの中から厳選した、ガソリンで一番得するクレジットカード、ショッピングで一番得する得するクレジットカード、コンビニで一番得するクレジットカード、金融期間の一番得するクレジットカード、信販会社の一番得するクレジットカード、航空会社クレジットカード、自動車メーカーの一番得するクレジットカード、携帯会社の一番得するクレジットカードなど、得する人が選ぶ一番得するクレジットカードを紹介しております。まだクレジットカードを持っていない人、これからクレジットカードを持とうと思っている人、クレジットカードを作ったけど、知名度や店員さんに勧められるままに作ってしまった人の為に、あなたが得する人になれる一番得するクレジットカードはどれなのかを、見つけてもらえるサイトにしています。
一番得するクレジットカードと言っても、今ではとても沢山のクレジットカードが存在します。その中からあなたが得する人になれる一番得する一枚を見つけるのは大変ですが、あなたが得する人になるかどうかは、選んだクレジットカード次第です!入会特典のあるカードや、還元率の高いカードも沢山あるので選んでみてください。また、得する人の一番得するクレジットカードの選び方・得する人の一番得する使い方も紹介してます。
Tポイントや楽天スーパーポイント、電子マネーのiD、auウォレット、楽天Edyなどの機能の一体型クレジットカードも沢山あります。一番得するクレジットカードとTポイントカード、楽天スーパーポイントなどのポイントカードを使ったポイントがどんどん貯まる得する情報もあります!
もう今では現金払いは損です。得する人はクレジットカードでショッピングは当たり前、公共料金、携帯電話、税金など何でも支払いができる時代だからこそ、一番得するクレジットカードの知識を身に着けて得する人になりましょう!

バナー広告

得する人の一番得するクレジットカードの選び方

まずは自分の月間の支出スタイルを把握



単純に年会費無料で、還元率の高いクレジットカードがお得!と考えるかもしれませんが、

実はそうではありません。


年会費のかかるクレジットカードは、

年会費がかかる分、還元率や特典・サービスにおいてメリットが多かったりします。

もちろん、それを活かせなかったら損をする場合もあるかも知れません。
クレジットカードはカード会社や発行元によって、値引き、還元スタイルが違います。
自分の支出スタイルに合ったクレジットカードを選ばないと、クレジットカードの

メリット・還元率を活かせません=得しない。



もっと分りやすく言うと、例えばa・b・c 3タイプの還元率の同じクレジットカードがあるとします。各カードの機能は以下の通りです。

  • クレジットカードa

    ・利用金額に対して、ガソリン代から値引きするタイプ
  • クレジットカードb

    ・利用金額に対して、ポイントが貯まる。ポイントはTネットショッピングでのみ使用可能
  • クレジットカードc

    ・利用金額に対して、ポイントが貯まる。ポイントはK旅行グループ会社で旅費として使用可能。有効期限1年間


さて、毎月のカード利用総額が全く同じ3人の人がいるとします。

Aさんの場合

 Aさんは毎月の支出の中で、Tネットショッピングで買い物をする事が多く、車には殆ど乗りません。
と言う事は、Aさんが得するカードは同じ還元率のクレジットカードでも

クレジットカードb

になります。

Bさんの場合

 Bさんは車には殆ど乗らず、2年に1回旅行に出かけます。買い物は時々Tネットショッピングを利用します。
この場合は、カードbかcで迷いますが、旅行頻度が2年に1回と少ないので、ポイントを有効期限内に使えません。どちらかと言えば

クレジットカードb

の方がお得に使えそうです。

Cさんの場合

 Cさんは車に乗る事が多く、毎月ガソリンを150L以上使い、買い物も実店舗で購入します。
この場合、Cさんが得するのは

クレジットカードa

になります。



この様に、自分の月間の支出スタイルによって還元率が同じでも、クレジットカードによって得するクレジットカードとそうでないクレジットカードがあります。

支出スタイルを把握するには?


  • 月に支出がいくらなのか?
  • その中でクレジットカードで支払い可能な物はいくら分あるのか?
  • 更に、その中でジャンル分けをすると、どのジャンルの比率が高いのか?

こんな感じで絞り込んでいくと、わりと簡単に自分の支出スタイルが見えてきて、それに合ったクレジットカードのジャンルを見つける事が出来ると思います。

後は、クレジットカードの同じジャンルの中から更に絞り込んで、あなたが得するカードを見つけるだけです!



ここで1つ注意があります!


クレジットカードを絞り込む際に、「還元方法」と「還元率」に注意しましょう!



還元方法は、主に

値引き型」と「ポイント付与型

があります。

値引き型は

利用金額から値引き対象となる部分で値引きをしてくれるので、支払い金額が少なくなる。

ポイント付与型は

利用金額に対して100円で1ポイントと言った感じでポイントが貯まり、貯まったポイントは限られたショップで1ポイント=1円換算で買い物に使える。
ポイント付与型は、ポイントの使い道を限定されるのと、ポイントに有効期限があるので、あなたがそれを有効に使えるか?どうか?をよく考える必要がある。

還元率は、勿論、高い方がその分得するわけですから、なるべく高い方がいいですよね?
還元率は、

1.5%以上なら高還元率

と言えます。ですが、ちょっと注意したい事があります。

時々、公式サイトやランキングサイトでもありますが、

「還元率2%!!」

といった高還元率表記がありますが、基本的にこれらは

最大還元率

で、

常にこの還元率をキープ出来るとは限りません!


最大還元率は「計算上可能」であって、現実的には、なかなかそこにたどり着くのは難しい場合もあると言う事です。


クレジットカード還元率の変動例

例えば、上記の図のように、クレジットカードの値引き設定によっては、利用金額20000円で

還元率3%

ですが、40000円では

1.5%

です。
毎月のガソリン代が20000円台でおさまる人なら、このクレジットカードの高還元率を得る事が出来ます。

そして、もう1つ気を付ける事は、最大割引がリッター8円が上限になっているので、毎月8万円以上使う人であれば、逆に還元率が下がる事になるので、別のクレジットカードを選択した方がよいでしょう!

このように、利用金額によって還元率が変動するクレジットカードもあるので、最高還元率でだけで決めてしまうと失敗する事もあります。


それと、当たり前ですが、このカードの割引条件は提携先のガソリン150L分が割引になる条件なので、提携先のガソリンを毎月150L必ず使う人でないと意味がありません!

必ずあなたの支出スタイルでシュミレーションして決めましょう!



当サイトでも、還元率の表記は最大還元率ですが、一応

「0~2.5%」

と言った表記にしてあります。これは、

使用状況によって0%から2.5%の間で変動する

と言う事です。
1枚のクレジットカードでも、使い方によって還元率は変わってくるので、その辺をよく理解して、クレジットカードを選びましょう。

自分が最大還元率を活かせるかどうかは、クレジットカードの還元スタイルに、あなたが使った場合を当てはめて、実際の還元率が何%で使えるのかをシミュレーションすると分ります。


クレジットカードの賢い使い方こちらで!




カードペンギン

一番得するジャンル別


カードペンギン

厳選!一番得する
クレジットカード

一番得するクレジットカードペンギン

今すぐ!一番得する人

カードペンギン

一番得する人になる方法

一番得するクレジットカードペンギン

サイトリンク